design1  庭 できました

繰り返されたお打ち合せ、ご契約、施工を経て、新たに出来た庭をご紹介します。
「完成=終わり」ではありません。今からが「庭のある生活のスタート」です。
  
これからもお客様の手が加わり
ますますお気に入りの庭に成長していく事がアクセンツの喜びです。
だから子供や仔犬が遊びまわる写真でご紹介します。

ネコの庭         

 【→施工前】
単調に広すぎて
持て余し気味・・・。
【← 同位置 施工後】
三種類の正方形の石を貼り、小道、テラス、サンルームの庭にリフォーム。立ち上がり花壇がリズム感を演出。照明が灯る夕暮れも素敵です。明るくお手入れ楽な戸外のリビングルームになりました。
枕木の雑木林の庭。20年の紅梅、水仙、モミジなど。
四季折々に風情のあるしっとりした庭になりました。
   枕木の庭 
【↑施工前駐車場】
【← 同位置 施工後】
木製階段からスリット状に漏れる光、
落葉樹の影が曲面の壁に浮かぶ光など
6つの光が夜を演出。製作風景はこちらどうぞ→
上の庭が一年経ち、雑誌取材を受けました。ご近所でも評判のバラの家です。
毎日の生活で庭を楽しむとはこういうこと。アクセンツが庭を通してお伝えしたいことはこれです。
そして雑誌掲載。
表紙と巻頭を飾っています。
『素敵なガーデンデザイン・おしゃれエクステリア』
2006年3月発売
雑多な室外機などが
玄関前に並ぶ施工前↓
壁際の小さい空間。
フェンスで隠すものは隠し、
アジアンテイストな坪庭に
リフォーム。道からも見える
植栽隙間からのライトアップが
壁を照らし玄関へとみちびきます。
南欧風の建物にあう テラスのある駐車場の庭。
不整形な敷地を生かした正面扇形のテラスと壁がアイストップ、
平板のリズム感と共に奥行き感を演出しました。
落葉樹が夏の木陰をつくるベンチやオリジナルの鉄製門扉。
白ワインが似合う雰囲気です。施工経過はこちら→
施工前
レンガつくりの素敵な家。出窓前のささやかな日陰ですが、お客様を迎える大切な玄関横。
すっきりリフォームし照明や小鳥の餌台や巣箱を付けて演出。
春にはクレマチスとバラがレンガに咲き誇ります。
下:施工前:
白フェンスと
玄関ポーチが
名残り。
茶色い丸い砂利を使いたいというご希望。楽しい打ち合わせを何度も繰り返して、たくさんのアイデアからこの庭は完成しました。
乾いた雰囲気に40種以上の異なる葉の色や形が彩りを添えています。
四角がランダムに重なるのは水道+インタホン内蔵式門柱です。
来年は青空にブドウが延びて木陰の元でワイン予定の庭です。楽しい作業風景はこちらに→
アプローチをすっきりリフォーム。
広がりと明るさを生み出しました。
手入れの楽な植栽でやわらかさを演出。
雑貨を飾るアウトドア床の間。
主婦と生活社2004年春
「小さくても素敵な庭はつくれる!」
掲載されています。
右:雑然とした施工前
左:すっきり施工後
富士山と江ノ島を臨む
バルコニー。
一枚の絵として
部屋からの目線えを考慮。
ロックガーデンと
4種の床材で
広がりを演出。
ワンコが喜び駆ける
オーシャンビューです。
即記念撮影のお客様。
アジアンテイストな坪庭。
黒竹塀とパーゴラで囲い赤葉を中心に丈夫な植栽、
バリ島の灯篭が夜の表情を与えます。
和室前のささやかな空間が雪見障子にぴったりです。
施工前:
なんとなく
白砂利
「あまった
場所」
緩やかな円弧の小道が庭を二分します。
内側は子供の遊び場、外側は大人の草花空間に。
けんかすることなく庭を半分。紅葉のドウダンツツジ初冬の庭です。
施工前:お客様「何がなんだか
よくわかりません・・・。」な庭。
DIYで買い続けたレンガが
無秩序に散乱。
もったいないので
掘り起こし洗い再利用。
円弧階段のウッドデッキがテラスへとつながる庭です。
空いている時こそ駐車場は楽しく。床素材でリズムを出しています。ヤシの木マークの表札はオリジナル。施工風景はこちら→

施工前
雨上がりの初夏の風景。
じめじめ日陰が悩みのタネ。
さわやかに手間いらずの庭に変身。
レンガの小道と花台がポイント。
design top page top design−2 design−3
HOME about us herbs event diary links