design2 素材 時とともに価値が出るもの
 
無機質な素材や工業製品を使って安易につくってしまうよりは、
自然素材の持つ素材感や住み手のDIYを生かした庭を好みます。
やがて経年変化で風合いを増す、素材が本来持っている力のひとつひとつが、
心地良さを形づくる重要な要素になりますから。

大切なのはアイテムをつなぐ空間
思いをカタチにする力
なによりも大切なことは生活をどう愉しみたいのかを一所懸命考えることです。すべてはそこから。
アプローチ
毎日の出入りに楽しさを。お客様を自然にみちびく美しいながれ。
夜の庭・照明
1日が終わり明かりのついた庭を眺める。リビングと続くライトアップされたプライベートガーデン。
外の部屋
ウッドデッキ、食事、芝生、いい庭ができるとつまりもうひとつ部屋が増える以上の効果です。
グリーン
植物に囲まれた生活が憧れでした。アクセンツは植物に自信があります。
ベランダ・バルコニー
限られた空間でも、工夫次第で冷と繋がる庭が完成。そこはもうひとつのリビングになります。
駐車スペース
アイデア次第でスペースの有効利用。大きな面積だからこそ、空車時にこそ楽しく使える空間に。
ポストや表札
奇をてらわないさりげないもの、それでいて家族の思い出が詰まったものが最高です。
塀・生垣
家を飾る大切な額縁、
かといってあまり大げさに囲みすぎるのも嫌。防犯も重要
サービスヤード
例えば自転車置き場、洗濯干し場・ゴミ置き場。
毎日の使い勝手は工夫次第で可能です。
”鉄”という素材を自在に扱う工房futava。どんな形も作ってくれます。
石 : その庭にあう形や色、こだわりで選びます。
神奈川県小田原の採掘場にて。広大な4つの山を所有者の気のいいおじさんでひとりでこつこつ掘ってます。
四畳半大から手のひらサイズの小さいものたくさんある中からその庭にあうものを選びます。
本来ならば機械掘り。危険です。雨に濡れるとますます良い色の根府川石です。右下:施工後
design top design−1 design−3
home design herbs event links diary