diary  2006年 6月
6月1日【めしべ】
左:バラ:マーメイド
右:キンシバイ
似てますそっくり。同日開花。
 
6月3日【美術館で講座】
「いまどきの盆景」と題し、茅ヶ崎美術館にて
たのしく講座を開催してきました。
予想以上の多くのご参加ありがとうございました。
笑い声と拍手喝さいが一人一人にむけられた良い雰囲気で無事終了。
素晴らしい作品を熱中して作成している様子です。
6月4日【庭作り開始】
今月も新たな庭をつくります。
さわやかなクリームイエローの外壁にあう庭を。
小さい女の子が楽しく遊べる雰囲気になります。 先ずは土をすきとり。
6月5日【ブロック積み】
美しいカーブ状に壁を作るため、ブロックをひとつずつ半分にカットし、
鉄筋を通して横筋も入れて丁寧に積む。これに尽きます。
鉄筋上部は黄色のエンドキャップ。通行人や子供が怪我をしないよう。
6月6日【モルタル下地】
小窓をあけ、モルタルで下地を作った前日のブロック。
この上にジョリパットを塗るのですが、次の作業は雨は厳禁。
梅雨入りを前に何とか仕上げたいのですが・・・・。
6月8日【石貼り】
アポローチの乱石貼り中。
先にレンガでラインを取りその内部に、
車が乗り上げても大丈夫なようコンクリート下地をうってあります。
積み上げた石の中から、形が合うものを探しつつ
ひとつひとつ貼っていく地道な作業。
6月7日【空中植物】
湘南でも最近人気のドラセナを植え込みました。
と言っても高さが2.5mのドラセナとなると、
根の高さ(!巾ではない)80cmにもなります(麻布で巻いてある部分)

ドラセナは根が縦長のいわゆる「ゴボウ根」タイプ。
こうなると重すぎて、クレーンで吊り上げて植え込みます。
6月9日【立水栓】
小さい小さい立水栓。レンガで水受けを作成中。
すでに給水排水来てます。
黒い細いほうが給水管、灰色の太いほうが排水管。

6月10日【ゴーヤカーテンプロジェクトー2】
5月の種まき日記から続く ゴーヤです。
天候不良の為、各所からご心配の声をいただきました。
着々と伸びています。ヒゲが出たら定植します。
6月13日【ハナショウブ】
実は父がハナショウブマニアで、
幼い頃からこの時期は家中ハナショウブで飾られます。
よくきかれる質問
Q:「いずれアヤメかカキツバタ?』
A:「中心部が黄色いのがハナショウブ、
  網目模様があるのがアヤメ、
  ヒゲがあるのがジャーマンアイリス、
  葉が太いのがカキツバタ 」  です! 
 
6月13日【美味しい特権】
会員制お料理教室monsensさんにて。
毎月のメニューにハーブが使われ、
ご協力させていただいています。
そして今月は中華。うっとり。
6月14日【キャンドル100個】
4月まで住んだ茅ヶ崎の家は、大きな松の海に近い元別荘跡でした。
ここで一夜限りのシャンソンイベントが開催。
湘南通信でご覧になった方も多いのでは。
当日はスタッフとしてなつかしい古巣にて、キャンドル演出担当。
6月17日【梅干し】
梅雨といえばウメに雨。梅干し作りに初挑戦。
蜂蜜漬けと砂糖漬けも作ってみました。
おいしそうと思ってかじるとすっぱい。夏まで楽しみお預けとのこと。
6月18日【壁水】
隣地との目隠しを兼ね、壁水作成中。
ブロックで形を作り、タイルを貼ります。
壁を落ちる流れを水中からライトアップ予定。
テーマはずばりバリ島ガーデン。乞うご期待。
6月19日【きれい下地】
30cm角のタイルを床に貼っています。
水勾配を考慮しつつ下地を作った上に貼るのですが、
注目はこのタイルコテの跡。
この美しい縞模様がタイル接着の決め手です。5年後に差が出ます。
6月20日【ゴーヤカーテンプロジェクト 3 】
ついにポット苗から定植です。
種まきから早一ヶ月。
ようやくマキヒゲが出てきました。
6月22日【壁水 - 2】
4日前の日記ではまだ途中段階でした。
本日全貌が現れ、無事水も流れました!
まだまだウッドフェンス、植栽とつづきます。

「窓から見えるそこはバリ島」です。
6月29日【庭 新聞取材】
施工例ページでも評判の庭、
撮影にいそしむ取材陣。
お客様と職人さんに大感謝です。幸せな庭です。アクセンツも。

この庭の施工日記はこちら・・・・・
6月はたくさんの現場が同時進行!工事日記も順不同
5月の日記 7月の日記
home about us design herbs event links