diary  2006年 11月
11月2日 【 うっ 似てる・・・ 】
ウッドプランター + 葉っぱガーデンをお引渡し。
詳細は 素敵な笑いのツボのお施主様のブログにてどうぞ。
"葉山オヤジ絵日記” Mご夫妻ありがとうございます。
似顔絵付き。これがまたうまいんですわ・・・。
11月3日 【 それは仕事か・・・? 】
色々なお施主様との楽しい会話は弾みます。
これは役得と言えましょう。

(庭の打ち合わせをそっちのけで)今日も質問攻めでした。
ティンパニーのあるスタジオの家 (の庭の打ち合わせ・・・)
うっとりです。

予想より大きく、響きが良く、つやつやで
大接近の生楽器に釘付け(の打ち合わせ!)でした。
11月5日 【 大切にされる庭 】
お引渡しから一年経った庭が 新聞に掲載されました。
工事完了時がきれいで完成された庭ではなく、
その後、住んでいる方たちがどのように庭を使いこなすかが
大切かといつも思います。
そのご協力をさせていただくくらいしか出来ず、
私達のしていることは、そんなものです。
こちらの庭は、ご家族にとても愛されているのが伝わります。

掲載 11月5日付神奈川新聞 
    WEB記事 「わたしのガーデンスタイル わずかな空間たくみに」 
11月7日 【初冬の岩手にて】
竜巻のおきた日、大荒れの安比高原で夜を迎えました。秋の名残は強風で夜の間にすべて落とされ、
翌朝は「モミジ初雪に散る」でした。湘南ではありえない組み合わせです。気温2度〜!
11月13日 【嘘かと・・・】 (おそらく一部の人にしか熱狂されない内容)
二大オーケストラがウィーンとNYから有名指揮者と来日中。
あまりに一般のニュースで取り上げないので、嘘かと思っていたら・・・
SS席で聴いた人に出会ってしまいました!
いいな〜。プラチナ席〜ありえない。さすがです お土産付き。
11月15日 【 幸せの家電 】
去年の今日、
コタツを出したと記録あり。
待ち遠しきコタツ(で寝る幸せ・・・)。
ツワブキからサザンカの季節へ
きれいな冬のはじまりです。
 
11月14日 【 植木を守る 】
20年経った庭を リフォームします。
既存のウメなどを守りつつ、
ユンボで大きく土を掘削し、工事開始です。
11月16日 【 みどりの表札 】

駐車場のタイヤが乗らない部分、
コンクリートを打たず植栽にしてあります。
それがきちんと道から読めるようお名前になっているのです。
おそらく高麗芝かと思うのですが。

素晴らしい遊び心。手間ひまかけてます。

偶然見つけた 見知らぬ方の庭先を、
あまりの感動に失礼して撮影させて頂きました。
11月18日 【 根府川石 】
神奈川の誇る名石です。おじさんが
ひとりで何年間も露天掘りしてます。
山奥の石切り場、1枚3m壮観!→
←搬入だけでも、たいした量でした。
11月19日 【 根府川石を貼る 】

自然の石の形を生かしつつ、目地の調子に気を配りつつ、
ひとつひとつ並べていきます。
厚さがあるので 施工もひと苦労。
その分仕上がりも格別の風合いなのです。
11月20日 【 石の加工 】

ひとつひとつ手作業で加工です。
そして下地の上に
モルタルで貼っていきます。
11月20日 【 石の貼り付け−2 】

歩行用の荷重ならば、コストも考え軽量な下地にします。
空モルタル決め。

通称「タコ」で固定していきます。
11月22日 【 石のテラス 】

そして 半円形の石貼りテラスが出来ました。

このあと、目地が入り、植栽が入ります。

完成写真はこちら【枕木の庭】
10月の日記 12月の日記
home about us design herbs event links