diary  2007年 5月
【映画監督の庭】
今は亡きイギリスの映画監督が愛し育てた庭は
一部の人々にとって聖地です。写真集もあります。

本当に小さなスペースですが、
そのイメージを模した庭、出来ました。
【カキ氷機に似たこれは・・・】
平石の裁断機です。
手っ取り早くカッターで作業する職人さんが多い今どき、
この手作業は貴重です。いい切り口見せてもらいました。、
【GWは藤の花】
例年よりフジも早く咲いていました。

古来からの藤棚もいいけれど、
壁に はわすのも個人的にはうっとりです。

特に打ち放しRCなどに、フジやバラなど伝っているのは
建築人間にはたまりません。
【5月14日 最近 持たないもの】
常緑ツル性で放任でも必ずたくさん咲く!素晴らしいトケイソウ,
我が家でも今が満開です。携帯電話で兼用してしまい、
すっかり腕時計をしなくなりましたが、この名付けは座布団一枚です。
ちなみに英名はキリスト教「受難」のパッションフラワー。
【5月20日 冬の成果】

お正月に寒空の下
庭仕事をした努力が
初夏を彩りました。

わが家にて。
【5月21日】立水栓&表札

花満開を横目に
現場では工事進行中です。
曲面にブロックを積んで、
その後下地のモルタル塗り。
そのすぐ横では、レンガで花台とベンチ作成中。
【5月18日】早朝遭遇

ニュースでうわさは聞いていましたが、
トラクターで島根から北海道へ、
そして日本一周をしながら「農業奨励活動」の父娘。

平塚134号線で追い抜いてしまいました。
ちなみに平均速度10km/hだそうです。
4月の日記 6月の日記
home about us design herbs event links