herb-2

育て方

衣食住、色々と楽しめるハーブをアクセンツは大切にしています。
ハーブを育てて使うことが長く庭を楽しむことにつながれ幸いです。
長く庭を愛する、これがアクセンツの喜びです。
|バジルの植えつけ|
バジルの育て方

 イタリア料理、特にトマトとの相性が抜群。何でもおいしくなります!
 寒さに弱いバジル、植付けはGW過ぎまで待ちましょう。(皆さんちょっと早すぎかな)
 高温多湿の日本の夏は原産地インドに近く、バジル一番の成長時期。
 インド気分でたっぷり日当りと水やりがポイント。上手に育てれば高さ1m位の大株に。
 霜が降りる11月まで次々と収穫できるコツをお伝えします。
バジルの良い株・悪い株

しっかりした株を選ぶことが大切。ポイントは3つ。
1.下葉が黄色くない、落葉していない
2.太くがっちり、チビデブ体系を良しとする
3.葉の色が全体に濃い緑色であること。虫や病気の株は問題外。
バジルの良い土・良いプランター

植付けは長さ60cmのプランターに1〜2ポットが目安。(皆さん鉢が小さすぎです)
根の乾燥に弱いバジルはプラスチック鉢のほうが簡単です。
一般の培養土に苦土石灰を適用量混ぜ込み、一週間置くとベスト。
黒ポットからそっと抜いて、根を決して崩さず、そっと植え込み、
すぐに水をたっぷりやりましょう。翌日から一日中戸外の日当たりで水肥料たっぷりと。

バジルの良い収穫・悪い収穫


高さ30cm以上に育った頃から収穫OK。
先端5,6枚を茎ごと収穫するのがポイント。
その脇からふたまたに新芽が出てきます。
こんもりとした樹形に仕立てていきましょう。決して下葉からとらないこと。
一本茎の頭でっかちバジルは台風時に折れる原因に。


上手な剪定 ここがコツ!


上の写真のように収穫した1週間後、
脇芽が二股に成長を始めているのがわかりますか?
こうすれば次々と収穫するごとに枝数が増え、こんもりとした株に育っていきます。

ウチの子こんなに大きくなりました。

こうして育てた7月のバジル、
すでに毎週10枚以上の葉を収穫し続けています。
2ポットを植えた鉢の高さは40cm、日当り水遣りはたっぷり。
たまにバッタやカナブンが食べてますが、見つけ次第手で削除。
農薬は散布してません。これならベランダでも充分可能ですよね。
11月霜が降る前にバジルペーストを作って冷凍保存、一年中バジルが食べられます。

herb1 herb3
home about us design event diary links